うみっくす

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うみっくす

だんなに黙って主腐やってます。笑ったり、凹んだり、叫んだりと日々、満喫中です。

「うちの子、なんど同じことを教えても覚えが悪くて・・・」そんな悩みを持つママ必見の暗記術!

 

f:id:u-mix:20170519163547j:plain

「え?この漢字、一年生で習う漢字やけど・・・?なんで間違えるの?」と、子供の間違えだらけの漢字のノートを見て頭を抱えるママはきっと多いはず・・・

人間は不必要な情報はどんどん捨てて、自分にとって必要な情報だけストックしていく生き物です。大人から見たら、必要な漢字の書き方や書き順であっても、子供の脳が必要な情報と認識していなければ、せっかく覚えた漢字の書き順であっても忘却の彼方へとサヨナラなんですねー。

 

えー!そりゃ、困るよー!社会にとって役に立つかどうかはわからないけど、テストには出るし、受験もあるし、今は完璧に覚えておいてもらわなきゃ困る・・・

 

そんな悩めるママに朗報です!実は、暗記を定着させる簡単な方法はあるんですよ。

こんな人に読んでほしい

・「うちの子、なんでこんなに物覚えが悪いのかしら?」と思っているママさん

・「何度教えても正しい漢字の書き方を覚えない」と思ってるママさん

 

人は忘れる生き物。有名なエビングハウスの忘却曲線

ドラマ「下克上受験」でも出てきたことで一気に認知度も広がった「エビングハウスの忘却曲線」

 

f:id:u-mix:20170518224309j:plain


これは、心理学者のヘルマン・エビングハウスによって導かれた、人間の脳の「忘れるしくみ」を曲線で表したものなんですが、覚えた直後から、どんどん忘れてってしまっていることがわかります!!

こうやって、可視化されると、人間ってこんなに忘れやすい動物なんだってびっくりしちゃいますよね!!
でも、納得しちゃう気持ちもありませんか?

わたしは、昨日食べた朝ごはんの内容でさえ、記憶の箱からスムーズに取り出せず、1週間前の朝ごはんに何を食べたかなどは、全く記憶にありません。

そういう人、きっと、多いと思うんですよね!!
忘れっぽいのは子供だけじゃなく、大人だって、不必要と判断した情報は、どんどん忘れていっちゃうんですよね!!

 

勉強した内容を忘れないために!!反復するクセをつけさせる

「うちの子、なんど書いても覚えないんです」と言うママさんはたくさんいますが、それは、何度も書くタイミングが間違っているだけです。

何十回も同じ漢字を書かせて一度や二度で覚えさせる方法もありますが、それより、エビングハウスの忘却曲線を活用した反復練習をさせるほうがグッと記憶力がアップします。

 

私が、エビングハウスの忘却曲線の話を聞いたのは、娘が幼稚園時代に通っていた幼児教室でのこと。小学生になったら、こういう勉強方法をしてください。という指導の中で初めて知りました。

 

うちの娘ちゃんの場合は、記憶の定着が悪いようで、幼児教室で教わったやり方よりも少々多めに反復させています。

 

☆我が家の記憶力アップのための勉強法

 

1. 覚えてほしい内容を本人が「覚えた」というまで書かせる

2. 1の半日後に、もう一度覚えた内容を書く

3. 2の半日後、もう一度、覚えた内容を覚えているか確認

4. 3の1日後、もう一度確認

5. 一度目、覚えた日から7日後に、覚えているか確認

6. 1ヶ月後、覚えているか確認

 

これの繰り返しです。1.2.3.の段階では覚えているか怪しかったものが4の段階では、ほぼ覚えている状態になります。

4の段階でまだ怪しい・・・と思ったら、翌日にもインプットしているか確認します。

 

100パーセント覚えられるわけではないのですが、同じ漢字を何十回も書かせるよりも記憶の定着率はグンとアップします!!

 

デメリットはないの?

こんな簡単な記憶方法があるのに、どうして、みんなやらないの?その答えはね・・・

 

子供一人では続けられないから!

 

この記憶法は、むちゃくちゃ面倒くさいんです。だって、半日後、1日後に覚えているか、ノートを開いてわざわざ書いて確認しなきゃならないんですよ?

でも、本人は、「覚えているつもり」になっているから、確認するのが億劫になってしまい次第にやらなくなる。

 

じゃあ、大人が常に誘導できるなら続くのか?と言われると、これも、なかなか難しい・・・

以前、会った家庭教師の先生から、この学習法を取り入れて、自分の生徒を軒並み成績アップさせたという話を聞いたことがあります。これは、先生という立場の指導者であるがゆえ甘えを許さず誘導できたからだと思うんですね。

しかし、親は、つい甘えが出てきて「今日は、もう、いっか・・・」が続いて、ある時、気づいたら「いつの間にか、やらなくなってるなー」って思っちゃうの。

正直、一緒にやっている大人も億劫になってくる方法なんですよね・・・

続けるのが難しい・・・それが、この学習法の最大のデメリットだと思います。

 

まとめ

我が家も、わたしがパートに出て、娘の勉強の管理ができなくなってから、暗記系の勉強は全て子供任せ状態でした。しかし、娘も5年生になり、暗記するものが増えてきたようで、かなり苦戦しているようなので、再び、この方法を、娘と一緒に取り組むことにしました。

時間も、NHK基礎英語が終わった後と決めて、今のところはなんとか続いています。

最近は、一緒にヤッていると、「やっぱり、反復だよな」って思うようになってきました。

でも、そう実感しても、なかなか続けるのが難しいこの記憶方法・・・
今度こそ・・・がんばって続けたいです。