うみっくす

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うみっくす

だんなに黙って主腐やってます。笑ったり、凹んだり、叫んだりと日々、満喫中です。

子どもの語彙力を伸ばしたい?!「10才までに覚えたい1000」は最良な一冊!

f:id:u-mix:20170316220957j:plain

こんにちは!!umiだよ!!
自称ブロガーなのに、この上なく語彙力がないわたしです・・・それでもって、サービス業であるパート中に、語彙力で人間関係が円滑に運ぶことって多いよな・・・と痛感することが多い。
しかし、大人になっちゃうと、なかなか語彙力って増えるものじゃないんですよね・・・
やっぱり、脳みそが柔軟な小学生、中学生の内にできるだけ多くの言葉をインプットした方がいいんですよ!!

小学生低学年にオススメしたい「マンガでわかる!10才までに覚えたい言葉1000」

最近、近所の本屋で平積みされているこちらの本「マンガでわかる!10才までに覚えたい言葉1000」

幼児教育にハマったママなら誰もが知っている花マル学習会代表の高濱 正伸先生監修による子どもの語彙力、言葉の力を伸ばす本です。
実は、語彙力を増やす問題集は我が家にも何冊もありますが、どれも、小学校低学年の子供が熟すには難易度が高いものばかりなんですよね。

その点こちらの本は、1コママンガでオチもつけながら、その言葉がどういうシーンで使うのか表現しているので、楽しく習得することができます!!

f:id:u-mix:20170316223130j:plain

 

そして、掲載されている語彙が多彩です!!
難易度の高い言葉から、ことわざ、慣用句、四字熟語、故事成語、カタカナ言葉など。
最近よく使われる今時の言葉もちらほら載っています。
中学受験に出る言葉には、かわいらしいマークもついていて、中学受験を志すお子さんにも役立つ一冊となっています。

ちなみに発売当初、アマゾンさんでは、ずっと品切れ状態で、本屋にもなくて、わたしも手に入れるのに大変苦労したんですよね・・・
それが、今となっては、本屋で山積みにされている!!
多くの人が、この本を子供にとって役立つ本だと思ってくれていると思うとうれしいです!!

 

高濱先生からの「おうちのかたへ」のメッセージは国語力の本質をついている!

はじめの方に高濱先生から「おうちのかたへ」という文があるのですが、その中に、国語力に対する深い一文があります。

 


積み上げてきた土台のある語彙力や、正しく言葉を使う習慣、読書を踏まえたうえで、読んでいる文章に何がかいてあるかの「映像化」と「要約」ができているかどうかが重要です。

 

この言葉は、かなり国語の本質をついていると思います。
よく巷に「国語力をあげるのには本をよむこと」という感じの教育書を見かけますよね?

実は、うちの子は、読書量が一ヶ月に100冊前後と、移動中にも本を読むほどの読書虫なんですが、物語を脳内で映像化する力が未熟で、これだけ本を読んでいるのに、的確な言葉を発せられないんです。

こういうタイプの子は、本を読んでいる量がどんなに多くても、語彙力を的確に使うことは苦手なんですね。
辞書などで言葉と説明を紐付けるより、マンガなどで直感的にインプットしていくほうが有効だし本人もストレスがないようです。
マンガなら、画として目に入ってくる分、脳内で映像化する手助けにもなりますよね?
脳内で映像化する力が未熟なお子さんであれば、きっとこの本は、役に立つと思います

 

最後にまとめ

娘ももうすぐ10歳になりますが、徐々に筋道をたてて物事を考えられるようになってきました。映像化そのものは未だ得意ではないようですが、何かしらコツを掴んだか、別の手段で、物事の奥行きを理解し、筋道を立てられるようになってきたのではないかと思います。

ようやく、今まで眠っていたちょっと小難しい問題集が役にたつ時が近づいてきた気がしますね!!

豊かな言葉を操れる大人にするために、子どものうちから、たくさんの言葉を身に着けましょう!!

 

今日もここまで読んで頂きありがとうございました!!感謝!感謝です(^o^)