うみっくす

うみっくす

子供のこと。ブログのこと。趣味のことを気が向いたら綴っています。

デジタルに弱い世代のSNSの使い方は怖すぎる!!ママ友の失敗談を書いちゃうぞ!!

f:id:u-mix:20170309214925p:plain

最近、パート先の学生さんアルバイトさん達にツイッターの使い方を詳しく聞いているumiです!!
正直「うわー!!最近の若い子ってすげー!!」って思っちゃいましたね!!

でも、はてなブログをやる以上、ツイッターは必要じゃないの?と思い始めているので、前向きにがんばりたいって思っているんですが、チキンな私は、ビビって、その1歩が踏み出せずにいます!!なぜ、わたしがそこまでツイッターをすることにビビるのか!?

今日は、わたしの周りで実際にあったSNSスマホに纏わるママ友達の失敗談を書いてみたいと思います!!同じ二の舞いをしないように、ぜひ参考にしてね!!

 

 

ツイッターでこんな失敗!!怖いぞ!!ママ友!!

これは、去年のことです。
PTAで一緒になったママさんに「umiさんってツイッターとかしてる?」って聞かれたんです。
ツイッターはしてないの。でも、子供が中学に上がるまであデビューしたいとは思ってるんだけど・・・」ってお返事したんですね。

そしたら、そのママさんが、驚きの出来事を告白!!
クラスでも愛想がよく、いわゆるムードメーカ的存在のママさんのツイッターは、クラスのママ友の悪口で溢れているとのことでした・・・

もうね・・・・チキンな私は、かなりの驚愕・・・・

「え?でも、ツイッターって、誰がしているか特定することができないんじゃないの?」と聞いたら、どうやらそのママさん、近場のカフェの情報や、子供の工作作品などもツイッターにあげているようで・・・。
ツイッターをするママ達には、モロバレ状態なようなんですよね?

なぜ!!そんな話をわたしにわざわざするんですか?

知らないほうが幸せじゃないんですか?

恐る恐る「教えてくれてありがとう。でも、知らないほうが幸せだったかも・・・」って言ったら「だって、umiさん、彼女とよく喋っているでしょ!!ツイッターでネタになるようなことお喋りしちゃダメよ!!」

ん?すでに、ネタにされちゃったってことかな?

怖い・・・怖すぎる・・・

そのママさんは、ツイッターであげていることを一部のママが読んでいることを知らないまま、ひたすらツイートしているようです・・・

もうね!!本当に思った!!

SNSの怖さを知らない人はツイッターをするべきじゃない!!


ブログでこんな失敗!!怖いぞ!!ママ友!!

さて、怖い話をもう一本・・・
わたしはブログをしていますが、近場のカフェの情報や最寄りの駅名は絶対に公開しないようにしています。
正直、実名で顔出しをしてブログをやっている人ってかっこいい!!って気持ちもあります!!でも、今の私には、もれなく子供というおまけがくっついているというのが現実なんですね!!
また、子供が大きくなったら事情が変わることはがあると思っていますが、今は、自分のブログが原因で子供に何かしらのトラブルが起こるのも怖いし、特定される内容は書けないという状態ですね。
さて・・・娘の通う小学校はいわゆる「お受験」がある小学校なんですけど・・・
これまた、しっかり者ということで有名なママさんが、去年の春先にやらかしたんですよね・・・

下のお子さんがお受験で受からず、上のお子さんが通っている小学校の悪口を延々ブログに書き連ねちゃったんですよ・・・

もちろん、上のお子さんというのは、うちの子と同級生で、同じクラス。下のお子さんが第一志望にしたのは、うちの娘が通う小学校・・・

確かに、「小学校お受験」は、出来がいいから受かる!というものじゃない、中学受験よりも、高校受験よりも、合格基準がよくわからないというもの。
そのママさんとしては「優秀な我が子を落とすなんて信じられない!!」って沸騰する気持ちをブログで叫んじゃっただけなんですよね・・・きっと・・・
でも、小学校の名前がわかる状態でブログに書き連ねちゃダメですよ!!
上のお子さん通学しているんですし・・・
本人としては、絶対に検索上位にあがらないと思って書いたんだと思うんですが、まあ、あがっちゃったんでしょうね・・・
そして、その話を私が聞いたのが、去年の秋のことです。
もうね・・・あと、10年はこの話は語り継がれると思います。

本人は、みんながそのことを知っているとわかっているかどうかまでは、私は知らないんですが、もし、わかっていて、今日も朗らかに笑っていらっしゃるのかと思うと、本当に、怖い・・・怖すぎる!!


スマホでこんな失敗!!怖いぞ!!ママ友!!

さて!!最後となる怖い話です・・・
みなさんはスマホを使いこなしていますか?私は、ぶっちゃけ使いこなしていませんが、さすがにメールの「一斉送信」機能はわかっています・・・
でも、恐ろしいことに、それを知らないママさんがわんさかといるんですよ?
役員さんからの学校行事のお知らせメールは、クラス全員のママの携帯、もしくはスマホで一斉送信されます。
「受信しましたら、返信をください」という一文つきの場合、「一斉返信」を選ばず「返信」ボタンで返信を返します。
だって、よく考えてくださいよ?全員が「一斉送信」で返信したとしたら、私のスマホに常に着信音が響いている状態になっちゃいますよ?
こういう場合は「返信」ボタンで返信すべきだと思うんですけど、一斉送信で返信するママが、必ず、クラスに2~3人いるんですよね・・・

でもね・・・たまたま押したってころもあるし、うっかりしてたってこともあると思うから、「ああ・・・たまたま、“一斉返信”を押しちゃったのね」っていっつも思っているんです。

しかし、子供が一年生の時のこと、とあるママが、別のママの悪口を綴った長文メールが一斉メールで届いた時は、まじで、ビビりました!!!!
いや・・・
本当に、びっくりしますよ!!これ!!
最初、自分宛てに綴られたメールなのかと、二度見、三度見しましたもん!!

受信者のところを見ると、すごい数のアドレスが並んでいる・・・
どうやら、クラスのママ半数ほどへの一斉メールっぽい・・・

あまりの恐ろしさに返信せずに放置していたら、そのまま音沙汰がなく、後日、PTAが開かれた時も、みんな平然とそんなメールなどなかったかのように振る舞う・・・
だから、もうね!!「あれ?あれは、もしかして、自分宛てのメールだったのかな?」ってドキドキしましたもん!!
PTA終了後に、仲のいいママ友に確認したら、「あれ、怖かったよね・・」って言ってくれて、そこで、初めて、やっぱり一斉メールだったんだと安心した!!

「グループ送信でもしちゃったのかなー」って、ママ友と話してて、「うわ!!自分も気をつけよう!!」って思った出来事なんですよね・・・

いや・・・本当に怖い・・・怖すぎる・・・・

 

最後にまとめ

いかがだったでしょうか?
時に便利なスマホやブログは、使い方を間違えれば、大きな痛手となって自分に返ってくることがあります。

一度、「送信する」「公開する」ボタンをクリックしたら最後。その後「なかったことに」できない怖さがあるんですよね。
便利なものだからこそ、使い方を間違った場合のトラブルについての知識は必要です。
特にママ友の世界は、本当に独特です。同じ価値観を持った人は、これだけの人数の中に、ひとりかふたりしかいないと考えるほうが正解です。

怖い!!怖い!!と書きましたが、誰もそのことについて本人に言及しないってことが私は一番怖い!!

それは、裏を返せば、もし、自分が無自覚に何かしらトラブルを起こしていたとしても誰も教えてくれないってことですからね・・・

今日もここまで読んで頂きありがとうございました!!感謝!感謝です!!

Copyright © 2016 うみっくす All rights reserved.