うみっくす

うみっくす

子供のこと。ブログのこと。趣味のことを気が向いたら綴っています。

話題のモンテッソーリ教育!我が家の体験談、メリット、デメリット。

f:id:u-mix:20170908155537j:plain

前人未到の最多連勝記録を達成した藤井聡太四段が幼少期、モンテッソーリ教育を受けていたということで、最近、「モンテッソーリ教育」とはなんぞや?という話題をよく見かけるようになりました。

 

はい!(挙手)

 

うちの娘は、モンテッソーリ教育の幼稚園に通っていました!!(大きな声で発表~!)

 

というわけで、我が家の実体験から、モンテッソーリ教育とはどういう教育なのか?受けたことで感じるメリット、デメリットを今日はお話したいと思います。

最近、初めて聞いて、どんな教育法なのか気になっている人はぜひ参考にしてくださいね。

 

こんな人に読んでほしい

・モンテッソーリ教育を知りたい人

・モンテッソーリ教育を受けた実体験を聞きたい人

 

こどもの発達をとことん見つめたメソッド「モンテッソーリ教育」

f:id:u-mix:20170908161001j:plain

モンテッソーリ教育は、女性初の医学生としてローマ大学に学んだマリア・モンテッソーリが確率した教育法。

公式ホームページにはこうあります

モンテッソーリ教育の目的はそれぞれの発達段階にある子どもを援助し、「自立していて、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学びつづける姿勢を持った人間に育てる」ことです。

引用:日本モンテッソーリ教育総合研究所HP

 

目的は「自立した子供を育てること」であり、そのために、モンテッソーリ独自の教具を遊び道具とし、子供がやってみたいと思ったことは反対せず見守るという姿勢を大事にし、幼稚園などの教育施設であれば、異年齢教育が行われているケースが多いです。

特徴1:モンテッソーリの教具

注目すべきところは、モンテッソーリ教育に使われる教具は非常によく考えられて作られています。 遊びながら、子供の認知能力がアップしたり、生活に結びつく動きが身についたりできるなんて、最高ですよね。

我が家でもいくつか用意しましたが、でも、これほしい!というものに限って、云万円!という高さなんですよね・・・

だから、我が家は、モンテッソーリ教具が揃っているモンテッソーリ教育の幼稚園に入れたんですけどね。

「日常生活の土台を作れる教具」から、「算数の感覚を鍛える教具」「言語能力を伸ばす教具」など様々あります。

ただ、幼稚園に入れてから、気づいたんですけど、できるママは、似たものを手作りしてお子さんに与えていらっしゃる方が多かったです。 やっぱり、高額だから、ほいほい買えないのはどこも同じだよねーって思いながら、わたしも、周りのママたちに聞いて、ひらがな文字のカードや、色板などを手作りしました。

モンテッソーリ教具の店Montehippo

特徴2:異年齢縦割りクラス

娘がいた幼稚園では、年少さんから年長さんまでの異年齢縦割りクラスで構成されていました。 年長の子が年少さんのお世話をするんですね。

今でも覚えているのが、娘の初登園の日。 年長のお姉さんが手を引いてお部屋に入っていき、幼稚園のルールを教えている光景を今でもまぶしく思い出します。

わからないところ。自分で解決できないことがあると、先生に指示をもらいに行く年長さんの姿は、本当に立派でした。

うちの子もああなれるのかしら?と思っていたら、年長さんになったら、娘も立派なお姉さんになって、小さな年少さんのお世話をちゃんとしていました。 近くで、なるべき姿を見続けることで、おのずと、そういう姿になっていくんだと思ったものです。

特徴3:「教えない」でも、「気付かせる」

小さな子供ですから、失敗も多いし、いいこと、悪いことの区別もついていないことが多いです。 わたしなんて、つい、怒ってしまうシーンでも、幼稚園の先生は、決して怒ったりしないんですね。

忘れられないエピソードで、ある日、幼稚園に行ったときのこと・・・ 娘が濡れた雑巾をしぼらず干している姿が見えて、「あー。また、怒られるようなことしてる」って思って見ていたんですよね。

そしたら、先生は「今の、先生、見てたよー」と笑って一言声をかけただけなんですよ。

でも、娘はその一言で、慌てて、雑巾を絞って、干し直したんですね。

娘だって、雑巾を絞らずに干すことがダメなことは知っていてやっているんですよね。でも、ちょっと、面倒くさいなって思っちゃったんですよね。

怒って絞らせることは、「怒られるからやる」になる。でも、言い方を変えるだけで「自分がやりたいからやる」に変わるんですよね。

特徴4:「敏感期」を大事にする

モンテッソーリ教育を語る上で、外せないのが、この「敏感期を大事にする」という点です。

幼児期には、生涯にわたって必要な能力を獲得する時期だそうです。

運動に関する敏感期、感覚についての敏感期、言葉に対する敏感期と、様々な敏感期があるのですが、この敏感期には、ひとつのことにひたすらこだわるという傾向が見られます。

まさに、親から見たら「なんで、同じことを、毎日、毎日、繰り返してるの?こっちのおもちゃもおもしろいよ。こっちでも遊びなよ」という一言が思わずでてしまう場面なんですね。

うちの子も、幼稚園には素敵な教具が溢れんばかりに揃えられているのに、ひたすら、糸あそびをしていた時期がありました。恐ろしいことに「お腹が痛い」と嘘をついてまで、糸あそびをしていました。

「お腹がいたい」などの体調不良を訴えた子供は、職員室に連れて行かれて、お熱をはかり、お熱がないようならしばらく職員室で休ませるという園だったんです。 そして、先生は娘の嘘がわかっていて、職員室に連れて行ってくれて、とことん、黙々と糸あそびをしてもいい環境を作ってくれました。 そのエピソードを笑って話してくれる先生も素敵だなって思いました。

特徴5:子供ができるまで待つ

モンテッソーリ教育の幼稚園に行って知ったのは「子供だからできないよ」っていうのは大人の思い込みだということです。

実際、娘は、幼稚園で、包丁も使えましたし、針仕事もできましたし、プラスチックのコップなども使ったこともありません。

子供が「これ、わたしひとりでできる」って思ったことは、積極的にやらせる。 ちょっと、親が手を添えるだけでできることがほんとに多いんです。

 

実際に通ってみたメリット・デメリット

f:id:u-mix:20170908160720j:plain

メリット

断言できるのが、自己肯定感が強い子供になりました。

他人と自分を比べることが絶対にないし、

自分はやればできる子という根っこがちゃんと育ちました。

あと、集中力がすごい。 これは、幼稚園時代に、やりたいことをとことんやり尽くすって経験から育った能力だと思います。

それと、手先が器用です。うちの娘は、指の力が弱いので、力を入れてって動作が苦手なんですが、それでも、かなり器用に裁縫などの細かい手作業ができます。

縦割りで育ったこともあって、小さい子にやさしくできます。これは、うちは一人っ子なので、弱い者にはやさしくするということを学べたのもよかったと思います。

デメリット

私が思うに、協調性が育ちません。

これは、この協調性を重んじる日本社会に置いては最大のデメリットではないかと思います。 その延長で、せっかく幼稚園で育んだモンテッソーリで身につけた能力の受け皿となる小学校が今の日本にはあまりありません。

みなさん、卒園後に入学した小学校で、すごく苦労したというお話をよく聞きます。 でも、子供は環境に慣れるものですから、苦労するのも数ヶ月、数年のこと・・・

すぐに、協調性を重んじる日本の小学校教育に馴染むそうですが・・・あれだけ、熱心に育てた能力が伸ばせなかったというお話をよく聞きます。

それと、モンテッソーリ教育を理解できない保護者には、モンテッソーリ教育の幼稚園はきついと思います

先生が見守る姿が、放任だ!と受け取る保護者もいらっしゃいましたので・・・

 

モンテッソーリ教育はどこに行けば受けられるの?

私は、どうしても娘にモンテッソーリ教育を受けさせたかったので、幼稚園選びは、ほんとがんばったんですね。 地域によって違うと思うんですけど、わたしが住んでいた地域では、大きく「うちの幼稚園はモンテッソーリ教育をしています」という看板を掲げている幼稚園がなかなかなかったんです。 苦労して見つけたモンテッソーリの幼稚園に入れましたが、入園後に、知ったのが、キリスト系の幼稚園は、モンテッソーリ教育を行っている場合が多いということ。 「モンテッソーリ教育をやっています」と大きく看板を掲げていなくても、キリスト教の幼稚園であれば、モンテッソーリ教育をしている可能性が高いので、一度、問い合わせてみるといいと思います。 あと、教会などで、保育を行っている場合もあります。 うちの近所の教会でも、平日の午前中、子供の保育を行っていて、モンテッソーリ教育をしています。 最後に、「モンテッソーリ こどもの家」というものがあります。 地域の住所と合わせて「モンテッソーリ こどもの家」で検索をかけてみてくださいね。

 

もっと詳しくモンテッソーリ教育を知りたい

わたしが読んだモンテッソーリ教育の本をご紹介します

モンテッソーリ教育の本といえば、相良敦子先生のお名前が有名です。 親ががんばらないとできない教育法じゃないの?と思いますが、相良先生の、やさしい口調で書かれたこちらの本を読むと、「あれ?できそうじゃない?」って気持ちになります。これを読めば、子供のイライラ気も、大きな気持で見守れますよ。

 

文字もそこそこの量があるが、図解説明や手作りおもちゃの作り方などはカラーの写真が使われているので、文字が苦手な人にはこちらの本がオススメかもしれません。手作りのおもちゃは、この本が役立ちました。

 

まとめ

藤井四段のおかげで、最近、話題になっているモンテッソーリ教育ですが、モンテッソーリ教育を受けたからといって、天才にはなれません!!(残念ですが、本当です!笑)

 

でも、わたしが娘を見ていていつも思うのは、「こいつ、大物になるな」ってこと。

自分というものを持っている姿は、本当に強い!

優柔不断なわたしは、娘がうらやましいくらいです。

Copyright © 2016 うみっくす All rights reserved.