うみっくす

うみっくす

子供のこと。ブログのこと。趣味のことを気が向いたら綴っています。

関西トップクラス!「洛南高等学校付属中学校」オープンキャンパスに行ってきました!

f:id:u-mix:20170626163420j:plain

関西女子トップの最高峰私立中学といえば、やはり「洛南高等学校付属中学校」
その門戸をくぐることが許されているのは、たった70名の女子のみです。各塾のトップクラスの女子が挑戦するのに、それでも、半数以上は涙を呑むというから、ただ頭がいいだけで受かる私立中学ではないことでも有名です。

大学進学実績でも関西トップクラス!一体、どんな学校なのか、一度は見たいですよね?

 そこで、「洛南高等学校付属中学校」のオープンキャンパスに行ってきました!

 

学校ホームページにてオープンキャンパス情報をチェック!

f:id:u-mix:20170626165405j:plain

様々な私立中学校にてオープンキャンパスが行われますが、中には、予約抽選が必要なところがあります。

ちなみに、私は、高槻中学の抽選に落ちました。2017年から共学化ということもあって、興味があった分、残念なんですけど、こればかりは仕方ないですよね。

しかし、それに比べて洛南高等学校付属中学校は予約不要!!すごくうれしい!!

オープンキャンパスは、6月・10月にありますので、その頃になったら、ぜひ、学校ホームページを直接チェックして下さい。

タイムスケジュールも公開されていますので、受けたい授業が始まる時間をチェックしましょう。

けれど、抽選なしで志望者が誰でも行けるとしたら、限られた人数しか座れない教室に全員入れるのかって疑問が同時に頭によぎりますよね?

そこで、詳しい当日の流れを体験談という形でお話します!!

 

教室の席数の子しか座れない体験授業

座れなくても立ち見で参加することは可能

10:15からの算数の体験授業を受けたかったので、9:45に「洛南高等学校付属中学校」に着くよう家を出ました。駅から、学校に行く途中、それらしき親子の姿の多さに「あれ?これ、体験授業受けれるのかなー?」ってドキドキしましたが、10:15~の算数の体験授業は無事座れました。

しかし、娘が座った5分後には、全ての席が埋まってしまいました。その後に来た算数をどうしても受けたい子供たちは立っての参加となりました。

 

上手く体験授業を受けるコツ

算数にこだわりがない子どもたちは、次のコマの授業が始まる教室までに並び始めます。

だから、算数の授業が終わった時点で、2コマ目の授業が行われる教室に向かったら、すでに、席が埋まってて受けられない状態となっていました。

そして、3コマ目の時点でようやく気づいんたんですけど、できる保護者は、お子さんが授業を受けている間に、次の授業の始まる教室前で並ぶんですよ。

はあああ。なるほど~!と、うちも4コマ目は早めに並んで、無事、授業を受けることができました。

 

理科の実験教室が大人気!

理科は実験教室となっていて、1コマ30分で7回実施されます。整理券配布なんですが、これも、流れがわからなくて、一コマ目の授業終了後整理券を貰いに行った時点では終了しました。

担当者の方は、「今年は、整理券がなくなるのが早くて、本当、すみません」と、謝ってくれました。どうやら、始まってすぐに終了してしまったようです。

 

学食は安くて美味しかった!

f:id:u-mix:20170626165509j:plain

開始時間が10時で、終了時間が15:30。途中お昼を挟むけど、どうしよう?って思っていたら、学食が解放されてました。食券を買うセルフシステムの学食なんですが、食券自販機の前に長蛇の列ができちゃってて・・・

「並ぶの面倒くさいねー」って娘ちゃんと、食券自販機前にある売店でパンでも買おうと入ったら、売店でも食券が買えました!!

学食は、安くて美味しかったです!!

 

持参するものは?

公式ホームページに「上履き」持参とあります。けど、「上履き」だけでなく、鉛筆も必要です。何人か持ってきていない子がちらほらいました。

我が家は娘は手提げバックで行きましたが、リュック率が高いのがびっくりしました。中には、堂々と塾の名前が入った塾バックで来ている子も!!

 

その他、気づいたこと

保護者の熱気がすごいです

空調が効いているんですけど、保護者の熱気がすごいのか、とっても暑いです!!次回のオープンキャンパスは10月なので、熱気はここまでではないと思うんですけど、調節可能なコーディネートの方がいいかもしれませんね。来年のこの時期に行く予定の方は、扇子持参で行くことをオススメします

 

小学生5年、6年生でなくても参加可能

体験授業の内容は、できる小学5.6年生向けですが、中には、小学3年生や4年生の姿もありました。学校の体験授業は、小学5.6年生のみって学校が多いので、勝手に、5.6年生しか参加できないと勘違いしている方も多いかもしれませんが、「洛南高等学校付属中学校」の場合、どの学年でも小学生であれば参加可能だそうです。

 

まとめ

とにかく、この学校を受けたいって子供が集まるわけですから、算数の体験授業のレベルが高かったです。小学生で「フィボナッチ数列」を知っている子ってどれほどいるんですかね?先生が「フィボナッチ数列知っている人?」って聞いたら、半数以上の子供が手を上げて、「ゲゲゲッ!!!」って思いました。

やる気に満ちてて、自信を持っている子どもたちの姿は、本当頼もしいと思いました。

え?うちの子はどうだったって?

意外にも、うちのお嬢さんも算数の授業は楽しんでしました。ちょっと、うちの子には難易度が高いかな?って思ったんですけど、誰でもわかるゲームを通じて中学数学、高校数学まで発展させていくって流れだったので、興味を持って授業に参加できたようです。

国語は、欠伸していましたがね~!!

行くのはタダですからね!ご興味のある方は、ぜひ、直接学校へ行って雰囲気を肌で感じてほしいと思います。

 

「洛南高等学校付属中学校」今後の公開行事 事前予約不要となっています。どの学年の生徒・保護者でもご覧いただけます

・オープンキャンパス 10月8日(土)会場・・・本校にて

・中学入試説明会 10月8日(土)会場・・・本校講堂

・体育祭 9月17日(土)会場・・・向島グラウンド

・文化祭 9月30日(金)10月1日(土)会場・・・本校

詳しい情報は、公式ホームページよりご確認下さい。
Copyright © 2016 うみっくす All rights reserved.